×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

犬の皮膚病は増加傾向

犬の皮膚病は最近増えています。軽症の頃に見落としてしまうことが多いことも事実です。犬は一度皮膚病にかかると、かゆいところをかんだり引っかいたりしてしまうため、完治しづらく、何ヶ月も、悪化してしまうと数年の間苦しむことになってしまいます。犬が皮膚病にかかったのでは、と思ったらすぐに獣医に診てもらうようにしましょう。そしてできるだけ早く何が原因の皮膚病なのかを診断してもらわなければなりません、ここ数年犬も人間並みにアレルギー性の皮膚病になることが増えているのです。犬が皮膚病になると、かゆみから来るストレスでイライラとして、すぐに吠えたり噛み付いたりする行動に出ることがあります。また、最近は室内で飼われていることが多いため、皮膚が乾燥しがちな犬が増えており、乾燥が原因の皮膚病にかかる犬もいます。犬の皮膚病を治すには獣医の治療を受けることが何よりも大切です。しかしそれ以外にも家庭でできることもあります。例えば乾燥しないように、オイルを週に2〜3回塗ってやったり、こまめに散歩に連れて行ってやるだけでもいいのです。

スポンサード リンク

もし愛犬が皮膚病にかかったら

犬は皮膚病になって、かゆみに襲われても、飼い主に訴えることができません。そこでかゆい所をかんだりなめたり、引っかいたり、地面にこすり付けたりします。このような行動を見て初めて皮膚病に気がつく飼い主が多いようです。犬の皮膚病と言ってもその原因はさまざまです。ダニなどの寄生によるものもあれば、細菌やカビが原因のもの、内臓疾患からくる皮膚病、最近増えているアレルギー性の皮膚病などがあります。とにかく獣医に診察してもらいましょう。犬は皮膚病になると、かゆみからストレスがたまり、イライラした状態になり噛みついたり吠えたりしやすくなります。また、最近は冷暖房完備の室内で飼われていることが多いため、犬のストレスはたまる一方のことが多いようです。犬が皮膚病にかかったらとにかくすぐに獣医に診てもらって、その原因を取り除いてやるようにしましょう。さらにできるだけストレスがたまらないように、食生活などの生活環境を改善してやらなければならないでしょう。

アカラスとは

アカラスとは、犬の毛穴に巣食い、厄介な皮膚病を引き起こす、体長約0.2〜0.3mmのニキビダニの通称のことです。その中で犬に感染するものがイヌニキビダニと呼ばれるものです。子犬の場合は、感染して発症しても、範囲が限られ、症状が軽くて、その九割前後は自然に治ると考えられていますが、成犬、特に老齢期の犬が発症した場合には動物病院での治療も必要になってきます。病院の検査でアカラス(ニキビダニ)症と診断されれば、まずダニを完全に駆除することが必要です。アカラスの駆除方法には殺ダニ剤の定期的な投与や薬用シャンプー、薬浴などがあります。炎症、かゆみを抑えるために、犬にステロイド剤が投与する場合がありますが、ステロイド剤は免疫力を低下させるため、アカラス症の症状をかえって悪化させる場合があります。もし皮膚病の症状が見られたら、すぐに動物病院で診断を受け、治療を行うことが大切です。特に成犬になってからは普段から健康管理に注意し、定期的に動物病院で健康診断を行うことが重要になってきます。

Copyright © 2008 愛犬が皮膚病にかかったら